審査に通るためのポイント

カードローンの申込み時には審査があります。無事に審査に通れば本契約となりますが、中には審査に落ちてしまう人もいます。カードローンの審査を通すには、知っておくべきポイントがいくつかあります。

 

まず、嘘の申告は厳禁です。勤めていないのに働いていると嘘をついたり、他社で借入れ中にも関わらず借りていないと嘘をついたりすると、審査に通らなくなってしまいます。カードローンの契約では信用がとても大切です。落ち着いて正直に、記入しましょう。また、挙動不審な動きや態度でいると、不正契約を疑われたりで、審査に時間がかかったり、落ちてしまう場合もあります。

 

次に、申込み先は1社に絞りましょう。審査が不安だからと、短期間でいくつものカードローンに申込む人もいますが、複数社への申込みは審査で不利に働きます。これも、余程お金に困っているか、不正契約などを警戒されてしまいます。

 

カードローンの審査を受けると、申込んだという情報が記録として残ります。すでに複数社に申込みをしてどこも落ちているとしたら、半年待って、記録が消えてから申込みしましょう。

 

申込む金額は少な目の方が審査には通りやすくなります。収入が多いかどうかよりも、収入に見合った借入額かどうかが重要視されます。ここも注意が必要です。

 

金利の低いところで借りる借り換えローンとしての利用であっても、やはり上記のそれぞれの内容は重要なポイントとなります。審査を受ける際には借り換えとしてのローン利用に関する注意事項をよく確認し、無駄のない手続きが進められるようにしておくと良いでしょう。