収入と審査の関係

カードローンの契約を考えている人にとって、審査は不安の種の1つです。審査ではその人の勤め先や収入についても質問されます。年収が少ない人や、非正規雇用で収入が不安定な人にとっては、職場や収入についての質問は不安になるものです。

 

実際収入が多い方が、審査に通りやすいのは想像に難くありません。しかし、カードローン契約においては、収入が少ないから契約が結べないとは限りません。寧ろ大切なのは、収入に見合った希望額なのかどうかです。年収100万円に満たないパートやアルバイトであっても、カードローン利用者はいます。

 

ただし、彼らの利用限度額は少な目で、限度額20万円や30万円などで利用しています。これが希望額70万円など、多額の借入れを希望していたとしたら、審査で落ちてしまうでしょう。収入が少ない場合には、借入れ希望額を最小限にして申込みするとよいでしょう。

 

また、契約社員や派遣社員、アルバイトやパートであっても、安定した収入があれば、カードローンの申込みは可能です。今は正規雇用の割合も減っており、昔のように正社員が当たり前ではなくなっています。正規雇用でなくともカードローンの契約は可能です。

 

ただし、収入が少ない場合や、非正規雇用でのカードローン申込みは、審査の通りやすい消費者金融がねらい目です。

 

消費者金融なら申し込み当日に借りられるのも利点の一つとなるため、どうしても今日中に借りたい場合などは来店をしないアコムの即日融資が便利など、消費者金融は頼れる借り入れ先となります。